パチンコで本当に『もったいない』のはお金?時間?○○だ!

パチンコはお金と時間がもったいないっすよ~‼

パチンコをやらない人から1番言われたくない言葉ですよね(笑)

そんなの言われなくてもわかってるわぁーい!って感じですか?

1番もったいないのはコレ!ってのを今回はお話しますね。

日常にヒントは隠されている

 

まず

『もったいない』ってどういうイメージあります?

日常でも身近に様々な『もったいない』と感じる事ってけっこう沢山あったりしませんか?

今の時期だと東京の夏は蒸し暑くてクーラーをガンガン使いますが、これも電気代がもったいないと感じる人はいます。

扇風機を上手く利用したり、ちゃんとカーテンを閉めたりして節約する方法はありますよね。

 

 こういう節約術も知ってるか、知らないかの違いだけです。 

 

日本もそうですが、世界的にもリサイクル、リユースの時代です。

なるべく資源を無駄に使わないで生きていくECO♻なスタイルが定着してますね。

こういうのも、『もったいない』から色々な発想が生まれて行き→実行していく事で私達の為になって行っているのだと思います。

パチンコはもったいないの宝庫

 

パチンコホールなんて、タバコの煙や人口密度の高さで空調をガンガン効かせないとやってけません。

パチンコ台も1台に使う電力も相当なものでしょう。

東日本大震災の直後も、電気をかなり使わなければ営業できないパチンコホールは節電なり営業時間の短縮等ありましたが。

パチンコをやらない人からすれば、批判の塊なんでしょうね。

その中で私達パチンコユーザーは何に気付いて行くべきなんでしょうか?

どう思われて生きたいか

 

パチンコをやらない人はパチンコユーザーの気持ちは当然わかりません。

お金や時間を無駄に使ってこの先大丈夫?って思われているのかもしれませんね。

そんなの関係ない!って言ったらそこまでなんですが…

もしかしたら、あなた自身もそう思いながらパチンコやってませんか?

負けてしまった帰りに思う事は誰もが同じ感情になります。

『あぁ~もったいない』

お金ですか?

時間ですか?

そこから何か方向転換できる発想なりを考えるようになれば、唯一自分が変われるポイントはソコです。

 

なおっパチもパチンコで負けた日はもっと子供と遊ぶ時間に使えば良かった!家族の為に自分の時間を使うべきでしょ!

って自分に言い聞かせて来ました

 

 

今はちょっと違います。

パチンコで本当に『もったいない』コト

 

最初にエアコンの件がありましたが、上手くエアコンの冷気を循環させるには扇風機やサーキュレーターを利用した方が効率的。

暖かい外気を部屋になるべく入れない為に、エアコンを使って冷やした部屋の内気を外に出さない為にカーテンをしっかり閉める。

普段の生活の中でも上手いやり方というのは沢山あるもんです。

でわ、

パチンコで1番『もったいない』コトって何だと思いますか?

負けた時の溶かしたお金ですか?

負けた時に使った自分の時間ですか?

1番もったいないのはこれです

 

 パチンコで勝てる立ち回り方があるのに何故それを知りたいと思わないのか! 

 

無駄なお金や無駄な時間を使わない方法って言った方がわかりやすいかもしれませんね。

 

物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている

 

パチンコなんて無駄な事だらけって言っても過言ではないでしょう!

有効なお金の使い方と有効な時間を使いたいのであれば、

パチンコの本質を基準にして上手く立ち回る!

これを知らないでパチンコやるなんて1番もったいないんですよ!

なおっパチのように2児のパパだと、稼働時間は限られてしまいます。1日中ホールに滞在する事なんてまずないです!

平均稼働時間だって3時間程度くらいでしょう。

この限られた時間で結果は残せます。

残して来ましたよ(^-^ゞ

前回の記事の稼働は正しくこれです↓

CR真・北斗無双は一撃大連チャン!しなくても勝てるパチンコの立ち回り方。

 

なので、もったいないと思える気持ちを大事にして下さい!

同じ事を繰り返すのはやめましょう_(._.)_

もったいないと思った気持ちを改善して行こうという新しい感情から全てが始まって行きます。

 

ここまで、何故なおっパチが言うのか?

 

POS(パチンコオンラインスクール)の受講生になってホールに行って周りを見渡すと毎回思ってしまうんですよね。

 

もったいないなぁ~


なおっパチ公式LINE@

友だち追加

お陰様で公式LINEの登録人数100名突破致しました‼

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください