パチンコ規制強化『もうけは五万以下』の未来に一筋の光

まだ確定してはいないお話であり、ちゃんと決まっていない中で独自の見解を述べるという事になってしまいますが…ネット上でもSNS上でも『もうパチンコは終わった!』って言う人達しかいないので面白くないなぁ~って思ってますw

規制強化に対して何ら不安も感じてはおりません!

が前提でのお話です。

警察庁の規制方針

警察庁は7月10日にギャンブル依存症対策として、パチンコの出玉を現行の2/3程度に抑える方針を明らかにした。パチンコの標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限を、5万円以下に制限する方針を固めている。

もうけの上限を引き下げることで、「負けを取り戻そう」という思いを抑制することが狙い。また大当たり確率を変更できる「設定」をパチンコにも導入し、ギャンブル性を今以上に抑える方向性のようだ。大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)へ引き下げられると発表されている。

それを踏まえて

よしきち先生の現時点での見解

よしきち先生も公式LINEで現在の見解を配信されました。

その一部がこちら

4号機撤去規制からの終わった。MAX機撤去からの終わった。

なーんも終わっとりませんがな。って話ですよね。

MAX機無くなったら無くなったで本質が分かっている状態で、それに対応させるだけです。ただそんだけ。

ちなみに今が本当に守られてるのかどうかも定かじゃありませんが、十数万上限←それ以上出てるの山程見ますがね笑

数字上でのあれこれは守っていても、結果的には爆裂機種をメーカー側は出してます。

こらからも業界、メーカー側はそれを意識して作ります。

どんな規制でも、一言で言わして頂くと

私達POS(パチンコオンラインスクール受講生)からしたら

【余裕】

しかないんです。

それだけパチンコの本質というのはブレる事はありません。

パチンコが世の中から消えて行く日まで、私達POS(パチンコオンラインスクール)の受講生は稼ぎ続ける事ができますよ!ってお話ですね。

実際問題!規制がどうなるかはわかりませんが、厳しくなればなる程私達の凄さ凄みがより強調されるのかもしれませんね。

常に打開策を見出だして来られたよしきち先生の立ち回り法は本質をわかっている状態において対応できないモノはない!というコト。

不安不満でウダウダ言う時間があるなら、もっと前向きな行動して行った方が色々余計な事を考えないで大丈夫なんで楽になりますよ。

あくまで、数字上での方針であり実際の出玉感が悪くなるように感じるのは当然なのかもしれませんが

私達が見てる部分(本質)というのは違う所にあるので、

終わった!終わった!と毎回言われてるパチンコ業界は終わる事は今回もまずないでしょうね(^-^ゞ

当然のお話→受講生にならないとよしきち先生の事はわかりません。
私達が何故こんなにも信頼、信用し続ける事ができるのか?

【ちゃんとお金を稼がせてくれる!】

これ以上も、これ以下もないシンプルな事でしょ?(笑)

毎回毎回パチンコ規制に踊らされ続けて疲れませんか?

自分には何もできないとか、このままパチンコやめるキッカケになれたら良い!とかあるかもしれませんが。

どうしてこうマイナスの方向にしか思考させる事ができないのでしょうか?

もっとプラスの方向に考えて行くべきだし、規制強化はギャンブル依存性対策とか言ってるけど根本的にギャンブルだと思ってパチンコやってませんから!w

副業、仕事だと思って取り組んでいますので依存もしないしお金が落ちている台に座ってお金を拾うだけの行動をしてるだけです。

本質を知らないから依存してしまうんです。

【本質とは→ そのものとして欠くことができない、最も大事な根本の性質・要素。 

まずはパチンコの1番大事な部分を把握して行きましょうね‼️

お陰様で公式LINE100名突破

本日はなおっパチ公式LINE@もとうとう100名の方にご登録頂けました。

あくまで通過点ではありますが、POSの魅力というのが徐々に浸透しているのが嬉しくもあります。

いくら規制強化されても、私達は勝ち続ける為の武器を沢山持っていますのでパチンコがこの世から消え去るまでは安心してもらって大丈夫です!

なおっパチ公式LINE@が一筋の光

全国のパチンコユーザーさんを勝ち組になってもらうのは難しいですが、縁があって私のブログにアクセスして頂いた方にはこの機会を大事にしてもらって欲しいもんですね(^_^)


なおっパチ公式LINE@

友だち追加

お陰様で公式LINEの登録人数100名突破致しました‼️

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください